冊子印刷でテキストを作成する人必見!気をつけるポイントを徹底解説

Pocket

「冊子印刷でテキストを作りたい」
「テキストを作りたいけど、どうすればいいかわからない」
そのようなことを考えている人はいませんか。
今回は、冊子印刷でテキストを作るときのポイントについて解説します。

□冊子印刷をするには何を考えればいいの

冊子印刷で塾や会社などのテキストを印刷したい人へ、何を押さえておけば失敗しないのかを解説していきます。

*簡単に冊子印刷するためには

自分でテキストを作ることを考えると、料金が気になるでしょう。
以前であれば印刷会社に電話をして、打ち合わせをしてなど、手間もお金もかかってしまうイメージの方もいるかもしれません。
現在は簡単に、手軽に冊子印刷ができるようになっています。
それがネット印刷です。
ネット印刷なら面倒な打ち合わせや電話など必要なく、テキストを作成ができます。

*テキストが必要な期間を時期から逆算する

テキストを作成する際には必要な日程から逆算することが重要です。
例えば、塾であれば新学期の始まる4月にはテキストが必要でしょう。
業者によっても違いはありますが、当社では最短で1週間程度でテキストを作成することが可能です。
しかし、予約が多い場合は間以上かかることもあるので、早めに注文しておくといいでしょう。

□よいテキストを作成するためのポイントを解説

塾や会社で、よいテキストを使いたいと考えている人がほとんどだと思います。
どうすればよいテキストが作れるのでしょうか。

*わかりやすいテキストを作るためには

塾などのテキストで重要なのが「わかりやすい」ということです。
少し費用はかかってしまいますが、カラーを入れるとわかりやすくなります。
費用が心配な方には「オールカラー」ではなく、「一部カラー」などの工夫をするとよいでしょう。

*フォントサイズを適切にする

よいテキストとは読み手が読みやすいことです。
図や写真を入れることはもちろん、フォントのサイズも考える必要があります。
「フォントのサイズをどうすればよいかわからない」という方は、わかりやすいと思う参考書やテキストを見てみるとよいでしょう。
わかりやすいテキストは、読みやすいものになっているはずです。

□まとめ

今回は冊子印刷でテキストを作るときのポイントを解説しました。
冊子印刷でテキストを作るには、テキストを作るための期間や、読み手のことを考えて作ることが重要です。
冊子印刷について詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.