冊子印刷をお考えの方へ。光沢紙の種類と特徴とは

Pocket

「どんな大きさや、種類の光沢紙があるの」
「冊子印刷を考えているけど、どんなサイズがあって、いくらぐらいの値段がするの」
そのようなことを考えている人はいませんか。
今回は光沢紙の種類と使用する用途について解説します。

□どのような光沢紙があるのか

どんなサイズのものが販売されていて、値段はいくらぐらいなのか、特徴とともに説明します。

*光沢紙

さまざまなサイズの光沢紙が販売されていますが、一般的に、はがきサイズ、A4サイズ、A3サイズなどが存在します。
印刷費を考えない紙のみの値段で考えると、はがきサイズで2円~、A4サイズで7円~、A3サイズで10円~(100枚購入した際の1枚の値段で計算しています。紙の質やメーカーによっても変わってきます)です。

*半光沢紙

半光沢紙は光沢紙に比べて光沢が減り、きれいに写真を印刷できるというメリットがあります。
また、指紋が残りにくく、きれいで鮮やかな仕上がりにできます。
さらに、非常に高級に見えることから、アルバや写真集、フォトブックでも用いられることがあります。
耐水性もあるのでポスターを作りたい方にもおすすめです。
値段は、はがきサイズで6円~、A4サイズで15円~、A3サイズで50円~(100枚購入した際の1枚の値段で計算しています。メーカーや紙の質でも変わります。)です。
光沢紙と比べやや値段が高くなることがあるようです。

□光沢紙の用途

光沢紙は実際にどのようなところで使われているのか、どのようなところに使えばよいのかを解説します。

*写真が多い宣伝用はがき

写真が多いはがきの場合、きれいに写真を印刷できる光沢紙がおすすめです。
ある程度の耐水性もあるので郵送する印刷物でも使うことができます。

*イベントの告知のポスター

イベントの告知をする場合、写真を多く使って色鮮やかに仕上げたいですよね。
そんな方にも、きれいに写真を印刷できる光沢紙がおすすめです。

*宣伝用チラシ

塾や会社の折り込みチラシの印刷にも、光沢紙が効果的です。
多くの枚数を印刷する場合、価格もおさえることができ、費用対効果のよい宣伝になるでしょう。

□まとめ

今回は光沢紙の種類と使用する用途について解説しました。
光沢紙は写真をきれいに鮮やかに表現できることから、宣伝用のチラシやポスターにおすすめです。
価格は注文する枚数や大きさ、また紙の質によっても大きく価格が変わります。
光沢紙について詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.