冊子印刷でテキストを作る人のための、読みやすさの工夫!

Pocket

「読みやすいテキストを作りたいけど、どうすれば読みやすくなるのだろう」
「文章にどんな工夫をすれば、テキストは読みやすくなるの」
そのようなことを考えている人はいませんか。
今回は、読みやすいテキストを作るためにはどうすればよいのかについて解説します。

□読みやすさを重視した構成

テキストの読みやすさを重視した場合、その構成が重要です。
どうすればよい構成のテキストになるのかを解説します。

*行頭をそろえる

行の左側の行頭がそろっていない文章は、非常に読みにくいものになってしまいます。
行頭をそろえることで、箇条書きにした場合に見やすく、誰が読んでも読みやすい文章にできます。

*行頭を目立たせる

箇条書きの場合に行頭を目立たせることで文章が読みやすくなります。
例えば、箇条書きに用いる「・」に色をつける、または大きくすると、目立たせることができます。
行頭を目立たせると文章の全体がまとまったイメージになります。

*改行をする場所に注意する

テキストの段落が長いと読みにくい文章になってしまいます。
また、文が短すぎたり、単語が途中なのに切ってしまったりすると、まとまりがない印象になります。
適切な場所で改行して、読みやすい文章にしましょう。

□読みやすさとは何か考える

どういう文章が読みやすいのか、何をすれば読みやすい文章になるのかをきっちりと考える必要があります。

*実際に印刷してみる

パソコンのソフトでテキストのデータを作っている方は多いでしょう。
しかし、ただパソコンで確認するだけでは「本当に読みやすい文章なのか」「文字のフォントやサイズは適切なのか」がわかりません。
そこで、作成したいテキストのサイズに合わせて印刷して確認しておけば、使用感がわかり、適切なサイズかを確認できます。

*他人に読んでもらう

自分で作っているだけでは、そのテキストが本当に読みやすいものかわからなくなりがちです。
他人に読んでもうことで、文字のミスを発見でき、読みやすさも判断してもらえます。
実際に指摘してもらい、ユーザー目線に立ってもらうことで冊子印刷をしてから後悔することがなくなるでしょう。

□まとめ

今回は、読みやすいテキストを作るためにはどうすればよいのかについて解説しました。
ユーザー目線に立って文章の構成や文字のサイズを考えれば、より読みやすいテキストが作れるでしょう。
冊子印刷について詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.