冊子印刷を安く済ませるポイントは?印刷業者がご紹介!

Pocket

「自分の本を印刷したいけど、価格が気になる。」
「冊子印刷をしたいけど、価格をできるだけ抑えたい。」
そんなお悩み、ありませんか。
冊子印刷は、自分に合った方法を選ぶことで値段を抑えることができます。
そこで今回は、冊子印刷を安く済ませるコツをご紹介いたします。

□冊子印刷を安く済ませるには

冊子印刷には、様々な選択肢があります。
自分の冊子に合った印刷方法を選びましょう。

*用紙の種類

冊子印刷をする際、用紙を選ぶことができます。
用紙には様々な種類があります。
例えば、光沢のあるコート紙、光沢を抑え、しっとりとした質感のマットコート紙などがあります。
価格を抑えたい場合は、上質紙という種類を選びましょう。
発色やツヤはコート紙に劣りますが、低価格で大量印刷に適しています。
見栄えを求めたい表紙にはコート紙を使用して、本文ページには上質紙を使用するなど、用紙を使い分けることも価格を抑えるポイントです。

*印刷の方法

印刷には、主に二種類の方法があります。
オフセット印刷と、オンデマンド印刷です。
オフセット印刷は、印刷に版を用いる方法です。
大量に印刷する場合に、向いている印刷方法です。
もう一つが、オンデマンド印刷です。
これは、印刷に版を用いず、一回一回原本や元のデータから印刷する方法です。
少ない部数での印刷に向いている印刷方法です。
印刷をする際は、印刷部数によって印刷方法を使い分けると良いでしょう。

*カラーとモノクロ

カラー印刷とモノクロ印刷の使い分けも、価格を抑えたい場合には重要なポイントです。
見栄えやインパクトを求める場合は、カラー印刷は効果的な方法です。
しかし、カラー印刷にはそれなりの料金が発生してしまいます。
冊子のすべてのページをカラー印刷しようとすると、かなりの価格になってしまいます。
モノクロ印刷であれば、インパクトには欠けますが料金を抑えられます。
しかし、表紙の絵までモノクロというのも、どこか寂しいですよね。
そこで、ページごとにモノクロとカラーを使い分ける注文方法をおすすめいたします。
表紙や物語の最初のシーンなど、注目を集めたいページにはカラーで印刷し、中のページはモノクロで印刷する、などが考えられます。
これによって、価格が抑えられるだけでなく、シーンごとのメリハリもつけることができます。

□まとめ

今回は、冊子印刷の料金を安く抑えるためのポイントについてご紹介いたしました。
自分の理想の冊子に合った印刷方法を選ぶことで、仕上がりの満足感を落とさず価格を抑えることにつながります。
当社では、印刷方法の選択肢を多く取り揃えています。
冊子印刷のご依頼は、ぜひ当社にお任せください。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.