冊子を作りたいけど、綴じ方がわからない!冊子印刷業者がポイントをご紹介

Pocket

「冊子を作りたいけど、綴じ方に違いってあるの?」
冊子の綴じ方には、いくつか種類があります。
綴じ方にはそれぞれ特徴があり、自分が印刷したい冊子に合わせた綴じ方を選ぶことが大切です。
そこで今回は、冊子の綴じ方の中でも人気のある「中綴じ」と「無線綴じ」についてご紹介いたします。

□中綴じ

中綴じは、見開きの真ん中を針金で綴じる方法です。

*中綴じの特徴

簡単で、ベーシックな綴じ方です。
無線綴じと違い、綴じた根本まで開いて見ることができます。
欠点として、綴じられるページ数に限りがあり、背表紙が無いことも特徴です。
また、針金が緩んできてしまうなど、耐久性には優れません。

*こんな冊子におすすめ

ページ数が少なく、長期保存をしなくても良い冊子が向いています。
例えば、地図やパンフレットなどが良いでしょう。
また、見開きのデザインが重要な冊子にも中綴じが適しています
絵本などは、見開きにしたときに絵の全体が見えた方がいいですよね。

□無線綴じ

無線綴じは、ページの側面を糊付けする綴じ方です。

*無線綴じの特徴

一番の特徴は、背表紙ができることです。
背表紙ができると、そこにタイトルを書いたり小さくイラストを盛り込んだりと、デザインの幅が広がります。
また、中綴じに比べて高級感も出ます。
耐久性が高く、ページ数が多くてもしっかり本の形にできます。

*こんな冊子におすすめ

ページ数が多く、見栄えにこだわりたい方におすすめです。
例えば自作小説本や漫画の単行本などが良いでしょう。
また、背表紙をつけたい本やシリーズ物には無線綴じがおすすめです。

□印刷業者に依頼しよう

中綴じと無線綴じは、製本作業においてどちらも人気の綴じ方です。
ですが、素人の製本作業は失敗するリスクも高いです。
せっかくきれいに印刷できても、製本作業で失敗して見栄えが悪くなってしまうのは悲しいですよね。
そこで、印刷作業や製本作業は印刷業者に依頼することをおすすめいたします。
データを印刷し、冊子の形にする工程には専門的な作業を必要とします。
印刷業者に依頼すれば、そういった難しい作業もきれいに仕上げてくれます。
また、冊子の種類ごとに最適な印刷方法や製本方法、用紙の種類があります。
印刷業者はそれぞれ最適な選択肢で冊子印刷してくれるので、安心です。

□まとめ

今回は、冊子の綴じ方についてご紹介いたしました。
それぞれの綴じ方に特徴があり、自分の作りたい冊子に合った綴じ方を選ぶことが大切です。
また、きれいな作品に仕上げるには、製本作業を業者に委託することをおすすめします。
当社では、印刷タイプごとに最適な綴じ方をご提案いたします。
ぜひ一度、ご相談ください。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.