冊子に用紙が合わない?印刷の悩みもこれで解決!!

Pocket

「冊子の印刷を頼まれたけど、どの用紙を選べばいいの?」
「冊子ごとの具体的な用途例を知りたいな。」
冊子を作成する際には、印刷する紙の種類がとても重要です。
それぞれの冊子でどの用紙が適切か気になる方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、印刷担当の方必見の、各用紙の使用例を紹介します。

 

□各用紙の使用例

早速、各用紙がどのような冊子に用いられているのか紹介します。

 

*コート紙

コート紙は、用紙の表面にツヤがあり鮮やかに印刷できます。
そのため、写真やチラシを印刷する際によく用いられます。
また、会社でイラストや写真のあるパンフレットを印刷する場合にも適しているでしょう。
逆に、イラストや写真が少なく、文字の多い冊子には適していません。

*マット紙

マット紙は、コート紙とは対照的にツヤが少ない用紙です。
そのため、印刷後には上品で落ち着いた雰囲気を表現できます。
イラストや写真が少なく、文字数の多い冊子でよく用いられます。
例えば、小説や社内報、名刺などです。
文字でたくさんの情報を伝えたい時に使用すると良いでしょう。
逆に、イラストや写真で視覚的に情報を伝えたいときは、マット紙は適していません。

*上質紙

上質紙は、先程までの用紙とは違い、ざらざらとした質感の用紙です。
用紙に加工がされていないので、印刷後も直接書き込みができます。
使用例としては、ノートや書き込み式のチラシがあります。
会社で用いる場合は、アンケート用紙にしたり、パンフレットに適しています。
会議の資料として使用すると、後から書き込みができるのでとても便利です。

*アートポスト

アートポストは、コート紙と似ておりツヤ感のある用紙です。
コート紙よりも用紙が厚くなっているので、印刷後に鮮やかさだけでなく、重量感も表現できます。
写真写りがとてもいいので、会社やイベントを紹介するパンフレットで用いるといいでしょう。
鮮やかな仕上がりなので、会社やイベントに対して好印象を持ってもらえます。

 

□まとめ

以上、各冊子に合う用紙をご紹介しました。
冒頭でも紹介しましたが、冊子の作成では用紙の選択がとても重要です。
今回紹介した記事を参考に、素敵な冊子を作成してみてください。
また、当社では「おまかせできる冊子印刷」というサービスを行っております。
冊子の種類や記載内容を選ぶだけで、誰でも簡単に冊子が作成できるサービスです。
このサービスを利用すれば、用紙選びに迷うこともありません。
気になる方は、ぜひお問い合わせください。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.