印刷で使われる用紙の種類って何があるの?これを読めば分かります!

Pocket

 

「冊子の印刷担当になったけど、どの用紙にすればいいか分からない。」
「用紙の種類について詳しく知りたい。」
冊子を印刷する用紙にはたくさんの種類があります。
その用紙にすればいいか、迷われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、用紙選びに迷っている方必見の、冊子でよく使われる用紙について紹介します。

 

□用紙の種類

早速、どのような用紙があるか紹介します。

*コート紙

コート紙は用紙の表面にツヤがあり、鮮やかに印刷ができます。
写真やカラフルなイラストを印刷する際にはコート紙が最適なのです。
そのため、写真集やチラシを印刷する際によく用いられます。
ほかには、イベントや会社を紹介するためのパンフレットに用いることが多いでしょう。

*マット紙

マット紙は、コート紙とは真逆にツヤが全くない用紙です。
文字数の多い冊子を印刷する際にはマット紙を用いると良いでしょう。
印刷後には上品で落ち着いた雰囲気が表現できます。
よく用いられる例には小説や文庫本があります。

*上質紙

上質紙は表面がざらざらしていることと、後から書き込めることが特徴です。

ほかの用紙よりも、色がぼやけて印刷されるので注意が必要です。
上質紙はノートやポストカードに用いられます。
会社ではアンケート用紙に用いられることが多いです。

*カード紙

カード紙は用紙に厚みがあり、背景の白色が強調されることが特徴です。
また、この厚さの選択肢はとても広く、用途に応じて変更できます。
使用例としては、ポストカードや冊子の表紙、診察券などがあります。

*ファンシーペーパー

ファンシーペーパーは、ほかの用紙とは異なる特別な素材でできていることが特徴です。
用紙に風合いや色味があるので、装飾やデザインの幅が広がるでしょう。
よく使われる場面には、ブックカバーや冊子の表紙があります。
冊子に色味を持たせたい場合には使用するといいでしょう。

*色紙上質

色紙上質は紙そのものに色がついています。
用紙の厚みも十分にあるので、冊子の表紙やカード類の印刷によく使われます。

 

□まとめ

以上、冊子によく使われる用紙をご紹介しました。
冊子を印刷する際に、用紙選びはとても重要です。
この記事を参考にして、満足のいく冊子を印刷してみてください。
また、当社では、「おまかせできる冊子印刷」というサービスがあります。
冊子の種類と記入事項を決めるだけで簡単に冊子が印刷できます。
印刷する用紙に迷っている方は、試してみてはいかがでしょうか。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.